私たち株式会社クリエイティブは、「金融サービスを通してお客様の豊かな人生に貢献します」という経営理念のもと、保険代理店業と金融商品仲介業を営んでいます。 今の日本では少子高齢化が進み、地方では経済活性も感じられず、老後年金問題などの様々な社会問題が浮き彫りとなっているこのような時代に、お客様が豊かな人生を送るためには、私たちが金融のプロとして専門的知識が求められる重要な業務であることを自覚し、より高度できめ細やかなサービスを提供することで、地域から必要とされる企業になる必要があると考えます。そのためにも、お客様本位の業務運営を行うことを最重要経営課題として取り組み、以下に掲げる取り組みを行うことを宣言します。

1.お客さま本意の業務運営に関する方針の策定と公表について

お客様の満足度向上に向け、お客様を第一に考えた商品·サービスを提供していくため、お客様本位の業務運営に関する宣言として以下の事項を宣言いたします また、ホームページ及び店舗に掲載します。

2.お客さまの最善の利益の追求

お客様へ誠実に業務を行うためには、原則として各種業法を守ることが第一だと考えます。 そのために定期的なコンプライアンス研修を実施しております。また、仕事に対しての想いをしっかりとお伝えするために、コンサルティングを行う前に会社案内をさせていただきます。

3.利益相反の適切な管理

保険募集では、手数料や担当者の主観ではなく、比較説明推奨販売方針等の社内規程に従い、当社取引保険会社商品の中からお客様のご意向に沿った保険を提案させていただきます。また、私たちは特定の金融機関に属さないため、所属金融商品取引業者からの販売目標やノルマなどは一切なく、お客様のニーズにふさわしい金融商品を提案いたします。

4.手数料の明確化

販売手数料にこだわらないために、相談料をいただいています。また、プロとして妥協をしない仕事をするため、責任を持つという意味でもあります。手数料がかかる場合は、ご理解いただけるよう、明確にお伝えします。

5.重要な情報のわかりやすい提供

よりご理解いただきやすく情報提供を行うために、月に一度社員レベルアップのための研修を行っています。また、できる限り金融商品の専門用語をなるべく使わず、お客様が理解しやすいよう言葉を言い換えて説明を行います。

6.お客さまにふさわしいサービスの提供

常にお客様の立場に立ち、ニーズ、資産状況、生活環県境等やライフプランを踏まえて、お客様に相応しい商品やサービスの提供に努めます。また、推奨商品は定期的に見直しを行い、よりお客様のニーズに合った商品をご提案できるよう、取り組みを行っています。

7.お客様本位の業務運営の社員に対する適切な動機付けの枠組み

全社員固定給となっているため、金融商品の売り上げに変重しないような給与体系を整備しています。社員にとって働きやすい環境を整えるため、フレキシブルな勤務体系、清潔感のある職場環境の整備に努めています。

お客様本位の業務運営のためのKPI 設定について

私たち株式会社クリエイティブは、お客様本位の業務運営を推進するにあたり、その水準および進捗度、周知度等を検証するため、下記のとおりKPIを設定し、一定期間ごとにその内容等をチェックし、改善に努めてまいります。なお、この検証において、これらの内容が実態にそぐわないと判断した場合については、都度見直しを実施し、さらなるお客様本位の業務運営に資する内容に変更をしてまいります。

1.「既契約者様の来店者数」

お客様が気軽にご相談できる環境を作るために、店舗を建設しました。お子様連れでも安心してご相談できる、好きなタイミングでご来店できる自由度の高い会社でありたいと考えています。既契約者様が毎日1組年間 300組の方が保全手続きやご相談に来られる会社を目指します。

2.「既契約者様向けセミナー開催」

保険だけではなく、お金に関する情報提供をすることでお客様の満足度を高めていきたいと考えています。そのためには、セミナーを開催し興味のあるお客様に対して情報提供することがベストです。年間6回セミナーを行う事で、より多くのお客様に豊かな人生を送るための情報提供を行います。

3.「生命保険契約継続率 損害保険契約継続率」

納得してご加入いただいた保険を長く続けていただくことは、 お客様の満足の証だと考

えています。当社では、生命保険は3か月継続率99%、37か月の継続率85%、損害保険の毎年の継続率90%を目標とします。お客様のご意向をしっかりとうかがい、わかりやすい説明でご納得いただけるご相談を心がけます。

2019年10月1日

株式会社クリエイティブ

代表取締役 福島 健作